整備工場 初の車種 想像以上の難しさ 追加工賃とるの?

qooogle さん

2019年07月12日 02:10:09

詳しい人求む!
回答受付中
気になる:0
回答数:6

整備工場で一見さんの初の車種 見積もり後、
想像以上の難しさの場合。追加工賃とるの?

この質問への補足

2019年07月13日 20:59:58

某国車、なんの変哲もない直四横置きFFのセダンorワゴン、クーペに見えるのですが、
「Fスタビのブッシュ交換してください!」
または
「オルタ交換してください!」をたかを
くくって受けよう物なら、
エキマニ脱着、エアコンコンプ仮脱着吊り下げ、
サブフレーム脱着、センターエンマン脱着、wウィッシュボーンロアアームバラシ、
両ドラシャin 脱着、センターパイプ脱着、
mtならワイヤー縁切追加、
サイドワイヤー緩め、リアタイコ仮脱着吊り下げ、
で「Fスタビのブッシュです」
さらにエンマン脱着、
エンジン傾けて
「ようやくオルタです。」
上からは?
オルタの上にバワステタンクあり、
しかも素晴らしいアルミ鋳造品のブラケット
に止められているのとボルトの方向もあるので事実上不可。

この質問への補足

2019年07月13日 21:12:24

インマニ、サージタンクすら、
ボルトの方向で車載ではかなり厳しく、
インマニ外すのに、わざわざ
ヘッドごと落とした事例、
数々のショップのサイトで確認です。
合わせてクラッチ交換したほうが?!
と言うバラシっぷりです。
こんな車種を日本とアメ車メインで
やってきたショップが受けたら
どう対応するのかな?と言う疑問がわきました。
ちなみに組み上げ時、ステアリングラックも
サブフレを下に26か28の30 cmはある巨大ボルトで
下から串刺し共閉めです。ボルト先端もガイド的テーパーでも無いタイプで曲がって入ったら、終わりです。 ロアアームボールジョイントも
w ウィシュボーンのアーム間を狭めたいからか、
ドラシャあるのに上から刺しで下止めです。

この質問への補足

2019年07月13日 21:27:01

参考までに、サイドとシフトレバーベース
も車体に下刺し上止めです。なので
サイドとシフトレバートラブルも
車内から何もできず、同様のバラシ必須です。
シフトレバーなのに、サブフレ、インマニ、
マフラー脱着w
さらにここの5気筒モデル全く振り幅が無いので、
タイベル交換なのに同じ作業ですw
(おまけでエキマニはサブフレ前で分割できるので
エキマニ脱着は減る様です)
ドラシャin もアーレンキーなんですが
狭すぎて1個外して回転、とロスタイム多しと、
誤ってナメたら復旧は悪夢です。

この質問への回答:6

  • kaitaiya さん

    2019年07月17日 02:46:50

    見積時に予想しないところがダメージを受けていた、依頼されたもの以外でヤバいところを見つけてしまった、
    他所でチューンされたものにより工賃がかさんでしまった
    こういう場合は追加料金を請求するのは普通だと思います。

    ただ正規の工程を見誤った場合は請求しない、もしくはかなり割り引く必要があるでしょう
    初見の車でも保険会社のレートや整備書などで必要時間や脱着せねばならないものは調べられるのですから
    見積もりが甘いのを割り振られても、という話になります。
    少なくとも工賃の見積もりが大幅にupする場合は作業途中でもオーナーに電話して了解を得なくてはモメルと思います。

  • irisin さん

    2019年07月13日 19:10:24

    追加料金はあるといえば、ありだと思います。

    よく古い車とかを乗っている場合に、電話で、「この車種で、ブレーキのオーバーホールを依頼したい」
    なんて感じで問い合わせをしますと、「パーツ代がなんぼくらいで、工賃はこのくらいかなあ~」
    という概算見積もりが出ることがあります。

    例えば、ブレーキのキャリパーを新品に換えるより、オーバーホールした方が手っ取り早いのですが、
    実際に取り外して開けてみた時にピストンがサビて、サビがひどいと、ピストンを新品にしないと
    いけなくなることも稀にあります。

    小さな修理工場に依頼しますと、初めてやる車種だな~ とかざらにそんな感じだったりするので、
    「見積はこんな内訳で、工賃は、最大、これにプラス5千円で」 とかざっくりとした見積もりになる
    傾向にあり、ピストンでもサビがひどいと1個6千円追加で~ とかそんな感じです。

    実際に支払う時に、「ちょっと手間もかかったので、工賃だけ5千円加算して、この金額になります」
    とかの請求とかって、あると言えばありますよ。

    何で加算になるのか?

    という部分はわかりにくいのですが、そこが電話調査しても加算分を含めても地域で1番安かったとか
    そんな修理工場だったりするので、支払ったりするだけです。

    依頼する車のオーナーが、自分でバラシていないと、ピストンとか中の腐食状態に絶対の自信もない
    まま、「キャリパーオーバーホールを依頼したい」 と電話で持ちかけるので、相手は、「変なオーナー
    でないみたいだし、だいたいこのくらいの工賃でやれると思いますよ」 という概算で答え、最大この
    くらいになる可能性ありますが、という回答になる傾向にある。

    ディーラーとかの場合は、最大でこのくらいかかるかなあ~ という見積もりであり、まちのどこにでも
    あるような小さな修理工場では、「このくらいでいけるかなあ~」 みたいな自分の車であれば、このくらい
    お金はかかるんじゃないでしょうか、という答え方をされる。

    車が大好きで修理工場をやっている人達の場合、経験値でまず「このくらいの工賃でいけるかなあ~」 みたいな
    素人のカーマニアではない、少し知識もあるオーナーを相手にしているようなところがあり、そんなところ
    だと、話し合いで見積もり金額を超えるということも稀にというか、ありますよ。

    ■参考資料:ブレーキの固着はキャリパーは新品に交換するの? それともオーバーホールするの?
    https://matome.naver.jp/odai/2144263060321267001

    その人の癖なのか?

    基本来るものは拒まずという仕事をされる職人さんの場合、異常に安いくらいの工賃を言われる傾向に
    あるとかあります。

    修理の見積もりは、見積もり金額を超えると赤字になるので、かなり含み幅をもたせて高値で見積もり出す
    ところが多いと思いますが、

    車の場合、パッと見て修理の全体が良く見えない場所とかもあるので、ケースによっては、見積もりより
    高くなるということも稀にありますよ。

    ■参考資料:カーエアコンの故障でディーラー見積もり30万円が電装屋さんで、5分の1で直った事例
    https://matome.naver.jp/odai/2142820522476921901

  • rgm79quel さん

    2019年07月12日 20:33:21

    いいえ、そういう事はありません。
    工賃は
    工数表の値×レバーレートです。
    このレバーレート、結果としてですが、車種により異なります。
    スズキのお店なら5000円
    トヨタ店なら7000円
    ヤナセなら15000円
    レクサスなら20000円
    コーンズやジャガーランドローバー店なら50000円
    マセラッティ店やアストンマーティン店なら80000円
    等です。
    初の車種、想像以上の難しさとなる場合、
    当初見積もりをカローラレベルのレバーレートで作成したモノの、
    実際はそうもいかないと言うことが判明した時点で、適用するレバーレートを変えることがあります。

  • fxq11011 さん

    2019年07月12日 10:42:25

    客の立場で考えても、どうでしょう。
    整備の内容にもよりますが、1000円で済むのか、10万円かかるのか、見当もつかないまま依頼しますか?。
    見積は請求ではありません、あくまで見積、確定ではありません。
    想像以上(想定外)、は想定外、追加部品ならはっきり金額が出ますが、マンアワー、は理解しない客も多いですね、素人と熟練者で異なります。
    その筋の専門業者では平均的な作業員で算出しているようですが、初めての車種ということは平均的なんてもの把握していないでしょうね。
    スバル水平対向エンジンのプラグ交換。バッテリーほか周辺を取り外さないとまともな作業できません、斜めに無理にねじ込んでいたという書き込みもありました。
    そのままでは問題ありませんが車検毎にプラグ交換するようなら。そのたびにねじ山をかじり、やがて完全にねじ山が完全にバカになります。
    追加工賃とるの?、その場の貨幣価値をとるか、手間をかける必要があるならそれに対応する態度を示し、結果の完成度をとるか、質問者次第です。
    お客様は神様です、はもう古いらしいですね、商売人も、客も、双方が「ありがとう」といえるのが本当の商売。
    近くの鮮魚店、品質が良いので名が通っていましたが、急に廃業しました、おやじ曰く、「こんなの商売ではない」集金に行けば、忙しいのでちょっと待って、さんざん待った挙句、今日は忙しいので明日来てくれ。だったらしい。
    追加料金とるの?、で支払い拒否、は商売人は本心から「ありがとう」は言えませんね、客はも本心で言えますか、「やったー」とか「儲かった」なんて内心では思っても。

  • tateisu さん

    2019年07月12日 04:15:55

    その場合は、見積もり二段構えになります。
    見たことない機械だと調査診断で一回見積もり。
    ここで一旦、請求。
    そのあと、お客と協議し、結果を踏まえて対応見積もり。

    最初に全部の見積もり出してたら追加料金は取れない。
    だけど、進める過程で想定外の購買が必要であれば、お客に相談してから進めます。
    エンジニアリングの難易度は、腕と経験が至らない結果で見積もり誤算してるから、そこを泣きついたら技術者のプライド傷付きますよ。
    想像で受けない。
    調査に基づいてやってないから あとで困る。

  • ぷらぐろまあ さん

    2019年07月12日 02:50:22

    見積もり以上の金額をとることはありません。
    見積もりが高いことは有りえますが。。。


Powered by